森田創 MORITA SO
合同会社うさぎ企画 代表、作家

主な経歴

1974 年5月 神奈川県生まれ
1999 年3月 東京大学教養学部人文地理学科卒
1999 年4月 大手鉄道会社入社
2021 年10月 うさぎ企画設立

海外事業、社内ベンチャー制度によるフィルムコミッション事業立ち上げ、都心駅直結のミュージカル劇場の開業責任者、広報課長を歴任後、2019年4月日本初の観光型MaaS*を伊豆で立ち上げる。都市型MaaSの推進に加え、国内の第一人者として全国各地の事例開発に携わった。

2021年秋、合同会社うさぎ企画を起業。関係人口および企業拠点の誘致、交流拠点設置やモビリティ設計など地方創生案件を、静岡県や長野県などで手掛ける。2022年4月にはコワーキングスペースとサテライトオフィスを兼ね備えた「エクレアホール」を伊東市に開業。首都圏在住のテレワーク層や伊東市内の経営者、フリーランサーの拠点として活用されている。

*MaaS(マース)とは・・・
「Mobility as a Service」の略。鉄道・バス・タクシーなど従来の交通手段やサービスを ひとつに結びつけ、AI や自動運転などの最新テクノロジーを組み合わせた次世代の交通サービスのこと。

 

会社名 合同会社うさぎ企画
代表社員 森田 創
事業概要 ① ビジネスマッチング事業
② コワーキングスペース等の施設の企画・管理
③ 企業経営に関するコンサルティング業務
④ MaaS および地方創生に関するアドバイス業務
⑤ ①~④に関する講演および執筆
⑥ ①~⑤に附帯または関連する一切の事
設立日 2021年10月1日

 

企業経営支援(外部役員・顧問)

株式会社ヴァル研究所(東京都杉並区)
株式会社 TicketQR(長野県上田市)
三島信用金庫(静岡県長泉町)
株式会社東平商会(静岡県長泉町)

 

作家として


洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光

amazon

洲崎球場のポール際

プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光
(2014年11月出版/第25回ミズノスポーツライター賞最優秀賞)


紀元2600年のテレビドラマ ブラウン管が映した時代の交差点

amazon

紀元2600年のテレビドラマ

ブラウン管が映した時代の交差点
(2016年7月出版)


MaaS戦記 伊豆に未来の街を創る

amazon

MaaS戦記 伊豆に未来の街を創る

伊豆に未来の街を創る
(2020年7月出版)

 

新聞・テレビ露出

焼津市での複業人材活用事業(2022年1月18日/日経新聞)
焼津市でのビジネスマッチング合宿(2022年4月16日/静岡放送「元気!しずおか人」)
ふくいMaaS協議会設立議会での講演(2022年5月19日/福井新聞・日刊県民福井)
『MaaS戦記』書評(2020年10月/朝日新聞静岡版・日経新聞全国版)ほか多数

 

座右の銘

Show must go on

(人生で何が起ころうとも毎日は続いていく。あきらめずに生きていこう)

PAGE TOP